FC2ブログ

If tomorrow is fine...

いんぺりあるなみなとのぶろぐ
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  93

イギリス対インド

イギリスにおける対インドについての考察です。

はっきりいってイギリス側がかなり不利な気がします。なので少し考えてみました。

不利な点として、
・初段で能力の高いセポイが12飛んでくることがある。
・アグラによってマプコンが取られるのでイギリスの農民が自由に内政できない。
・インドのカードについてくる農民で内政差をそこまで作り上げることができない。
・イギリスにはない馬カードがある。
・軽騎兵が出てくる。

さすが現在の最強文明候補といったところか。

そこら辺のイギリスなんてめじゃありませんね。

一番目の点としては、本来インドはラッシュ文明ではないと思うんです。しかし、アグラで軍生産出来る事と、アグラでのボーナスセポイ2とアグラをカードの搬送先に出来る事でセポイ12が揃ってくるんですよ。対してイギリス側は、生産+カードでもマスケ11です。能力差を考えると明らかに負けます。結果相対的に見るとイギリス相手にはラッシュが出来るんです。なのでインドに主導権を取られるんです。それでインド側はただ軍を前に出すだけでイギリスの内政をかなり圧迫されます。

二番目の点としては(イギリスがラッシュ文明を相手しているときは共通していることですが)、アグラによるマップコントロールを取られることでせっかく人数が多いイギリス農民が採取効率の悪い木やイチゴしか取れない状態に陥ります。さらに、ほぼ確実にイギリス相手ではセポイ12が飛んでくるのでTC射撃の届かないところに行けば間違いなく倒されます。
よって効率の高い野生の動物が取れず資源封鎖されます。TC周りの野生動物が尽きてイチゴがなくなるまでに一度は相手の軍をリセットしなければ負けます。その状態で勝った記憶がありません。
しかし、意外とマップのすみっこで内政すれば気づかれない時もありますが相手にカードソワルがあることを考えるとあまりうまい方法とは考えられません。

三番目は、相手の軍をリセットしたら普通のラッシュ文明ならリセットしたら相手の内政を荒らしてマスケでゴリ押しが出来るのですが、インドはカードで農民がついてくるためもう一度戦えるんですね。
ラッシュ型トルコを見ればわかるんですが、一度トルコ軍を全滅させたらまずイギリスで負けることはありません。そのころは農民はダブルスコア近くに開いてます。マスケで全力ラッシュを仕掛けていれば3に入る前に勝てます。
しかし、インドは農民ボーナスのためにそこまで大く差が広がりません。確かに農民カードがないし、そこまで内政力が強いと言うわけではありませんが。とりあえず、TC周りに農民や生産した軍を揃えればインドはもう一度チャンスがある訳です。

四番目は日本以外どの文明が相手でも言えることですが、イギリスには馬カードがないんです。機動力の差で荒らされます。相手がレベルの低い人ならマスケで打たせてもらえるのですが、相手が上級者なら間違えなく逃げられます。
なのでハサー生産は絶対にしなければならないのです。イギリスはスカミ系がないのでグルカを生産するメリットはセポイでどのユニットにも対抗できるので皆無と思われます。なので、基本インドはセポイ回しなのでイギリスはハサー分マスケが出せないので非常にくるしいです。一応内政力があるのでセポイと同等の数のマスケは出てくるので当てる場所とハサーの突撃タイミングさえ間違わなければなんとか勝てるくらいです。

五番目はインド側にかなり優位な点です。イギリスが3に入らないとでないのに対し、インドは2の出てきます。実際兵種が多くなると操作も資源バランスも難しくなるのですが、選択肢がある分だけ有利になります。最初から出てこないとわかっているのと、分からないのではだいぶ違います。荒らしでも同じように、一回でもしておけば相手は警戒しますが、一回もしないと相手は大胆に内政をしだし、かなり拡大されてしまいます。それと同じです。

有利に点としては、
・カードに農民がついてくるので散らばりやすい。
・ソワルの弱さ。
・農民が木で出来ている。
・内政力。

一番目の点としては、搬送先をアグラに指定したままで農民も一緒に前線から出てしまうという現象です。レベルの低いプレイヤーに多いことですが、たまにトッププレイヤーでもトーチカや先住民の歩兵小屋から資源を出したりとミスがあったりします。インドの場合は農民単品ではないので余計ミスが多い気がします。このことで前に来た農民を倒すことで、ボーナスを帳消しにできたりします。

二番目としては、ソワルは歩兵には強いですが騎兵にはかなり弱いです。しかしその分サンブがいるので有利なのか微妙です。

三番目は木の採取効率の問題です。野生の動物は早く採取できますが、木は遅いです。たしか天然資源で一番遅かったと思います。なので木に農民を貼りつけておくのですが、普通の文明なら肉なので急場は軍生産に切り替えることが出来るのですが、インドではセポイもグルカもソワルも肉金で木を必要としません。バランスと言う面から言うと非常に効率が悪いです。

四番目はインドに農民カードがないことに起因します。確かにおまけでついてきますが、それは一体づつ。2の時代なら一気に農民5体出てくるカードには及びません。さらにイギリスの特有であるマナーハウス農民が生きてきます。内政地さえ確保できればかなり差は開きます。


有利不利を書いてみましたが、やはりイギリスは不利です。

実際私がイギリスでインドに勝てた試合はイギリス相手に自陣アグラと言う訳のわからない事をしたためです。

前線になければマップコントロールもある程度は取れ、インドの兵が到達するまで時間的猶予があるのでその間に内政をすれば、かなり優位に立てます。

基本、イギリスは初段で当てないことがかなり重要かと思われます。ギリギリまで前哨+TCで削り、いいタイミングで民兵マスケで全滅させるカウンターが必要です。

しかし、セポイをメインで生産し適当にグルカを混ぜ、レッドコートが出てきた場合はさらに返すのが難しくなります。

グルカを倒すためにその分ハサーを多くしなければならないのでマスケの数が減り、打ち抜かれやすくなります。

LBはソワルに圧倒的に弱いだけではなく、セポイでもグルカでも打ち抜かれます。引きうちが出来ないので。なので出せません。

よって、勝つためには、
・マスケハサーでLBは絶対出さない。
・きちんと肉寄せをする。
・建物で視界をとり荒らしには早い対応をする。
・ハサーで定期的に荒らす。
・TC前に引き込んで民兵+マスケでのカウンタータイミング。
・ハサーをセポイに当てるタイミング。
・カウンター後に一気に軍を前に出し内政地を広げる。
・中途半端にアグラには手をつけない

要するにラッシュ文明の返し方と同じです。難しいのは重騎兵に強いセポイにハサーを当てる瞬間。マスケだけの打合なら負ける可能性が高いのでいつかは当てなければいけない。ハサーが全滅してもマスケがある程度残れば、生産をどんどん回して軍量で勝てるので気合で当てる。

アグラには手をつけてはいけません。実際私は手をつけて負けました。結構裏からの射撃が痛いです。中途半端な兵では割れずに損害だけ多くなるだけです。特に相手の軍をリセットし、自軍がそこそこ残っているならアグラ無視で相手のTC直行がいいです。アグラ割られるより、農民狩られたり内政が止まった方が相手に大きなダメージを与えられます。ただし、相手のアグラ周りに農民が多かったり、TCの直線上で小屋が集まっていた場合はかなり危険です。そこを根拠地にして返されます。その場合はハサーであらしつつ3入り大砲がよいかと。マスケが数あるならばアグラを割るのもわるくないでしょう。結局アグラと言っても前哨ニ本分です。

ここまで基本は前アグラのセポイRを想定したのですが、相手がカルニマーターや勝利の塔など訳の分からない進化をしてきた場合はマスケハサーでゴリ押し出来ると思います。





長々と私の考えている対インドを書いてみましたが、間違ったり足りない知識のところがあれば教えてくれればありがたいです。
別窓 | RTS | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ロングボウのすごさを紹介します | If tomorrow is fine... | たまにはFPSも>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| If tomorrow is fine... |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。