If tomorrow is fine...

いんぺりあるなみなとのぶろぐ
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  176

3v3 オランダ スカミ出し

基本的な形を。。。あたりまえのことばっかかも。

オランダの特徴
農民は金から生じる。農民の金採集効率が若干高い。銀行があるため天然の金鉱を確保できなくても金の維持がしやすい。農民人口最大50人。初期に偵察ユニットまつじゅん使節がもらえる。スカミが早期から生産できる。
オランダの特徴の1つであるスカミを早期から生産できることを利用しての戦い方について書く。

オランダ陸3v3
陸汎用デッキ。兵器庫生産速度アップ教会のどれかを減らして食料700を入れたら肉が薄いマップでも安定する。槍8ハサー3ロイテル9植民地は必須。これ抜く選択は自分が上手いと自信がない限りは避けたほうがいい。

流れ
一枚目農民3で15人進化。イロコイなどラッシュ系が多ければ14人。
開始して箱を回収したら3人くらいで金を掘って農民人口を12にする。
進化は木400。進化中に財宝にもよるが5対10くらいで食料木をとって銀行を建築。
進化したら木を回収小屋家二件を建設でスカミ生産を入れる。場合によっては若干農民がとまるかも。人口枠は現時点で40。木に二人張り付かせあとは食料と金を適時割り振る。
二枚目は銀行車。カンヤやコサックが飛んでくるなら槍8をここで切っておく。進化時間がわりと早いので周りの対馬が出ていない場合があるので。また、槍8ではなく一回転目を槍5を回すことで安定はする。が、前に行くタイミングが遅くなるし相手の軽歩兵に蹂躙される場合もあるので要注意。
前線探索をきちんとすることでここで槍を切る、生産するべきかそれとも銀行でも大丈夫かわかるので使節と探索者をきっちり寄せておく。この作業はさぼりやすいが安定して勝つためには重要になってくる。
相手の編成はここらへんでわかると思うので編成によって変えていく。特に相手が2馬編成であるならばスカミだしてもどうしようもないので10体かそこらを作ったらすぐ生産を槍に変えていく。
警戒すべきは2馬重歩兵。スカミと槍のバランスが重要になる。だいたい半々か若干槍が多いくらいにすれば問題はないと思う。きちんとマスケを削れるかで勝負が別れるので槍よりもスカミの操作に集中する。槍が突っ込んでマスケに攻撃されたとしてもその分こちらの馬がマスケでもなんでもゴリ押しできるので槍よりもスカミを大切にしたい。
三枚目に槍8。二枚目に切った場合は銀行。相手が2馬で槍を生産していくなら、対馬がしっかりしているならば木700を選択する。ここらへんでスカミがそこそこそろっているので前に出れる。木に二人張り付いているとこのタイミング家一軒建てれる。いないと人口枠が詰まる。
このとき槍8は絶対に減らしてはいけない。槍を減らせば生産しなければならないのでその分内政を食料金に集中でき木を切らずにすむ。戦闘後もできるだけ数を残すことで攻城力にプラスして攻めを継続しやすい。
四枚目は木700。さっき切ったならば木600or銀行。市場建築と食料金一段階と外套研究、家追加、2を継続なら小屋追加や槍生産など。3目指すなら食料を多めに農民を振って余った木を銀行など建築して3を目指す。
スカミは正直20体くらいいれば十分でそれ以上いても有効とはあまり言えない。
スカミは重歩兵には優位が取れるが、ストレやマセなど量産系の軽歩兵にはかなり辛いのでそれを馬で轢いてもらうために対馬は自前で用意したほうが圧倒的に効率がいい。
またトーチカや戦闘キャンプを突破するためにも槍の攻城力が重要な場面も多い。
2で切るカードは銀行車槍8木700木600だけにしたい。植民地ハサー3はラッシュ対策の予備。その他のカードは金700を除いてあまり2で使うには有効なカードは少ない。そこら辺を切ってゲームが膠着してるのであれば3行く選択をしたい。

3行く展開であればアーリー進化。
進化中にカードがもう一枚切れるようであれば木600を切り小屋を追加。この時味方にフランスなどドラを出してくれる文明があればロイテルは出す必要はない。かなり金を食うくせにあまり攻め切れない場合が多い。
その木600で歩兵小屋二件と家。進化中に食料の2段階目の研究を入れておく
スカミを三小屋でぶん回して歩兵勝負で優位を保つ。相手より早く時代進化してアップグレードが入るまでにいかにスカミを増やし相手の歩兵を削るかが勝負になってくる。
相手も3入れば近接騎兵は減りドラが増えてきてスカミの土壇場になる。大砲を出してくれるなら移動速度の優位を利用して攻め場所を変えていく。このあたりでスカミが50体近くいるのに相手の歩兵は時代2のままor3入ったが数があまりいないという形に持っていければ理想。その展開に持っていければ大砲や矛槍など攻城力の優れたユニットを追加していき攻めきれる。
カード順はロイテル9→木1000→金1000
ロイテル9は槍8同様に大事に使う。消えれば小屋を立て生産しなければならないのでその分スカミが減る。スカミを全力で回してたら多少金が余るタイミングがあると思うので矛槍を生産して攻城力を追加する。
木1000のタイミングでTC増設銀行増設、いれてなかったら食料か金の2段階目をいれる。相手の大砲が多いようならカルバの準備。TC増設はそこまで重要ではないので必要に応じて。
金1000は4入り用。3でステイしてもpop150の軍人口枠を埋め切れる内政はそこまでないので早めに4に行って工場をきりたい。
木1000のあと3で戦うのであれば金1000ではなく冷蔵技術で。

4に進化中は木の市場研究を必要に応じて三段階目までどんどん入れてスカミのアップグレード代や食料や金もきれてくるので粉引きや農場用の木を用意する。4入って金が1500あるようならば協会の経験値研究をいれてはやく工場を準備する。出てきたら工場の効率アップ研究はさっさと入れる。
このころが一番オランダの内政が爆発している時期で軍人口150を生かして攻める。スカミ矛槍ロイテル臼砲を生かしていく。相手を圧迫できないとフランスなどに徐々に押し返される。

基本的な方針としては木を絶対に切らない。採集効率が悪い木は粉引き農場のタイミングまで出来るだけ伐採しないでカードでごまかす。人口枠が詰まるならできるだけ市場で売買してごまかす。農民をそのつど木に動かしたり戻したりするのは非常に操作が必要になるし、食料金は余らせてもスカミやロイテル、大砲に転換できるが木を余らせても槍しか作れない。銀行4軒分の木は進化中に伐採する1件とカード1軒分を除いた2軒分はカードで木を捻出する。銀行上限アップカードは工場もきって他に内政カードがなにもなくなった時まで切らない。


戦闘の立ち位置
基本的には勝てると判断できる状況まで引き撃ちして削る。アンチを狙うよりも当たらないように引くことが重要。マセやストレなどコスパのいい量産系ユニットと普通に戦っても負ける。
当たり始めたらマスケや槍をひたすら狙う。射程の長さを生かしてきちんと重歩兵を狙う。当たり始めたら引き撃ちすることよりもアンチを的確に習うほうが重要。

スカミ操作について
スカミの特徴は超射程で引き撃ちユニットということである。戦闘においてはこれを生かしていく形になる。HPはコスト比ではそんなによくないので(遠隔耐性はそれなりにあるが)一方的に殴れる時間をどれだけ作れるかが鍵である。
長槍兵はHP120でスカミは攻撃力15重歩兵ボーナス2倍で30でぴったり4体で倒せる。が、そんな細かい操作量ないって人向けにはスカミの攻撃間隔をずらすことである程度は楽に操作できる。
単純に前のスカミが撃つ→一秒くらい下がる→後ろのスカミが撃つのような感じで攻撃をずらせばある程度は楽に操作ができるようになる。
しかし基本は20体くらいを4,5体に分けて引き撃ちするのが基本。数が多く出るユニットであればあるほど当たるまえでの削る量が重要になってくるのでできるだけ分けて操作したい。


槍ロイテルなどの操作について
基本槍ロイテルはカード分で生産はしたくない。となるとどう動かすかについて。
スカミが馬に殴られるぎりぎりまでは後ろに下げておきたい。殴るモーションに入ろうとするあたりで反撃が入るようにしたい。また、相手の馬がいないが歩兵が多くてスカミの数を維持したい場合は壁にするが消費するとこのあとの展開で楽ができないのでできるだけ消費したくない。


とりあえず途中まで。あとで修正する。
色々追加したら変なところがあるのでそこは察してください。
別窓 | RTS | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ゲーム購入 | If tomorrow is fine... | すーすーすー>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| If tomorrow is fine... |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。