If tomorrow is fine...

いんぺりあるなみなとのぶろぐ
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  161

オランダメモ 対西洋

前回の続き。オランダで対西洋文明で難しいのはロシアオスマンドイツか。
西洋相手では基本ハサースタートなので初弾のハサーを必ず5回すことが重要になってくる。家畜や財宝など使えるものは何でも使う。農民生産を一時的に止めてもいい。
進化中に銀行一軒立てカードで一軒の二軒ならだいたい食料と金農民を同じ数にしとけば回る。


対イギリス
ハサースタート。相手もハサーなら槍8かハサー3を早めにきって早めに馬勝ちを目指す。
遅れるとマスケ追加されて内政でも負ける。マスケに対してスカミを出すしか無いが出すとハサーに轢かれるので早めに3行ってロイテルが安定。
マスケスタートならTCショットで耐えつつスカミ追加。最初のハサーはハラスし続ける。

対フランス
だいたいイギリスと同じ。スカミ槍をやるとクルールが殺せないし、相手がハサーなら荒されまくって死ねる。

対スペイン
即3でも2で戦う相手でもとりあえずハサースタートスカミ追加が安定。ハサーだけだとロデが轢けない。

対オスマン
2Rならスカミ生産ハサー追加。スカミ槍だとアブスが無理。
即3ならハサースタートでハラスをかけてセミFF。ロイテルが間に合うかが鍵。TC間の距離が短いとロイテルが揃う前に死ねる。ハラスなどで時間稼ぎ必須。
革命相手も即3相手と同じように戦えば問題ない。基本対オスマンは探索が重要。

対ポルトガル
2RがほとんどこないのでハサースタートからのセミFF安定。相手が3で闘うつもりがないなら4行って重カノンロイテル編制で押す。
3で闘う相手ならロイテルハサーで闘ってスイス槍でTCを割る。浪人に注意。

対オランダ
ハサーの殴り合い。ハサーで勝ったらあとは3行ってロイテル濁。スカミが出てきたらハサーで轢くだけ。

対ロシア
ハサースタートのハラス。歩兵勝負だとスカミはストレを削るのはかなり疲れるのでマスケの量が多くない限りそんなに作らない。マスケが多くても植民地民兵でよかったりもする。
大砲カードがないでのでロシアに内政を作られて歩兵濁されるとかなりカウンターしづらい。

対ドイツ
鬼門。馬勝負しても勝ちづらいしスカミ槍してもおまけウーランのハラスがきつい。即3されるとVeteranウーランが2の軍では止まらないので追っての3行くしか無いがウーランの数がものすごいことになってるのでロイテルだしても轢かれやすい。スイスがキーポイントか。対ドイツが勝てるならイギリスフランススペインあたりの文明には簡単に勝てると思われる。

別窓 | RTS | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<准将 | If tomorrow is fine... | オランダメモ>>

この記事のコメント

No.71
最近はじめたオランダ使いですが、タメになります
参考にさせていただきます
2011-04-06 Wed 14:09 | URL | オランダ素人 #- [内容変更]

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| If tomorrow is fine... |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。